FOLLOWERSHIP

未来のフォロワーたちのために

なぜ、他社と他者で構成される100人もの、
中には年に一度しか会うことがないクルーが集まって、
何もないスタジアムに巨大なステージをつくりあげては解体し、
また次のスタジアムに向かうことが可能なのか?

そこにはリーダーシップの10倍以上ものフォロワーシップが存在しています。

リーダーの指示に従い、時間的・物理的制約のなか、プロジェクトの成功に向けた誠実な貢献と、
自主的な判断や行動でリーダーを支えながら、その指示の妥当性を自分たちなりに判断し、
ときにはリーダーたちにしっかり声をあげていく精神を、ハイレベルでバランスしている人材が、
正しいプロセスと安全を下支えしています。

また、1人の人間の中にも、リーダーシップとフォロワーシップは存在します。
次世代の優れたフォロワーたちは、きっと優れたリーダーシップを発揮するでしょう。

会社の枠を越えたチームで仕事をすることが常態である私たちのライフワークを、
互いに一歩ずつ踏み込んだかたちで共有しながら。

とりわけ、これからローディーを目指す人たちの新たな選択肢として。
また、いつもそばで支えてくれる人たちとも、今まで以上に連携できたら。

こんな時代こそ、面倒でも正しいプロセスでやったほうが、今よりずっと楽しくできるはずです。
次世代のために、ハイバランスなフォロワーシップでやっていきましょう。

株式会社BAJ JAM事業部 加藤俊一郎